裁判を闘い抜くために

裁判を戦い抜くためには、貸金業者との文書のやり取りは必ず残しましょう。交渉がまとまらず、裁判になった場合に貸金業者との文書のやり取りは証拠として採用されます。

電話で交渉をしてしまうと「言った、言ってない」の水かけ論になり、それだけで時間を無駄にしてしまいます。悪質な貸金業者は、交渉のやり方としてこうした手段を用いってあなたを精神的に追い詰めるということがあるかもしれません。

それだけで体力も気力も消耗してしまうので、電話だけの交渉はやめましょう。文書でやり取りをするとして、1番良い方法はFAXでの交渉でしょう。

これなら、こちらから送った文書の元本は手元に残ります。FAXでのやり取りであれば「言った、言ってない」の水かけ論で後々問題になることが無くなるので時間を無駄にすることがないでしょう。

FAXの活用


さらに、FAXですと手紙でのやり取りに比べたら非常にスピーディーだということです。

もし、自宅にFAXがないのであれば、時間がかかっても手紙でのやり取りになります。時間はかかりますが、手紙でもメリットがあります。それは配達証明・内容証明郵便という機能です。

郵便局が「いつ」「誰に」「どんな内容の手紙」を証明してくれるので裁判の証拠としてはとても役に立ちます。ただ文書で交渉をしても、交渉した内容がきちんと次の文書に反映されているかどうか必ず確認しましょう。

電話口では都合の良いことを言っていても送られてきた文書では内容が違う、ということは十分起こり得ます。

まだやり取りをしている段階ならまだ良いですが、それが最後の段階で和解を結ぶ文書だったりしたら、一度結んだ和解の契約は簡単に取り消すことはできないので、とても大変です。

Ingengallery 意外と知らない過払い金の計算方法→サイトトップへ