過払い金請求戦略

過払金返還請求をするといっても、相手側は会社ごとに対応も違いますし対処の仕方も変わってきます。多重債務の場合、数件の会社を相手にすることになるかと思いますが、自分で過払い金返還請求をしようとすると、かなり複雑な計算をしなければならなかったり、言葉ひとつでかなり減額ということになってしまったりするそうです。取引履歴の請求をしたら、取引履歴が各会社から送られてくるのですが、契約当初からきちんとすべて記載している会社もあります。そういう会社の場合は、引き直し計算もすぐにできます。反対に、なかなか対応してくれないところもあります。複雑な計算の上で成り立っている月賦払いなど素人にはなかなか分からなかったりします。それに昔のものは証拠がないということで、計算してくれないこともあるようです。証拠というのは、当時の引き落としの記録がある銀行通帳などのことです。しかしその銀行通帳がなかったら、銀行に尋ねるしかありません。ただ銀行というのは10以上前の通帳記録はないのです。なので証拠はないということで、過払金返還請求は諦めるということになりそうです。裁判をするにしても、証拠がないと勝てなさそうです。こういう場合は和解という方法があります。証拠も揃っている計算もできている部分だけで解決させることで終了です。和解したら和解書にサインをしてあとは約束の金額と入金日を待つということになります。なかなか思うように進まないこともあるかと思いますが、これは面倒くさいなんてことで済ませてはいけないことだと思います。取引履歴が遅れているところなどは、しつこく電話で確認するのも良いかと思います。もちろん弁護士に委託するのも方法です。とにかく諦めずにやりましょう。