過払い請求の方法

どのような方法があるのか、一般的なものをみていこう。取引履歴の開示請求と入手。過去に支払っていた利息や、支払い期間などの借金情報をもとに、過払い金請求の手続きを始めることになるが。そのために、自分には過払い金がどれほどあるのかを確認する必要がある。これは、貸金業者が保管している取引履歴に載っていて、債務者が取引履歴の開示請求をする際、貸金業者はそれに応じる義務があるということだ。「引き直し計算」取引履歴が届いたら、それをもとに、利息制限法で定められている正しい金利で再計算をする。利息制限法で、上限金利は定められているので、その金利で借入をしていた場合、借金の総額はいくらになったかを計算する必要がある。そして、実際の返済額から引き算し、過払い金の合計額を確認するのだ。「過払い金請求」過払い金が発生していた場合、請求書を内容証明郵便で貸金業者へ郵送する。請求書の記載内容に決まりはないが、必ず記載するものとしては、いつからいつまでの取引で、引き直し計算により過払い金がいくら発生しているから、いつまでに支払ってほしい、請求に応じなければ法的措置に移行する等の詳細が必要である。また、内容証明郵便は形式の規定があるため、作成時にはルールに従い、内容証明郵便として郵便局で受理されなかった、といったことがないように注意することが肝心である。「貸金業者との交渉」内容証明が貸金業者に届くと、貸金業者から電話連絡か返信の手紙が送られてくる。しかし、満額で返還に応じる業者は少なく、大半は減額のための交渉の連絡が来ることになる。業者の提示する金額で応じる場合は和解となり、和解を証明する書面が送付され次第、記名と捺印をして、返還金の受け取るという流れになる。業者の提示する金額に納得のいかない場合や、業者が請求を無視するような場合は、訴訟を提起することになる。